アロマの歴史

日本で人気のあるアロマテラピーですが、「アロマテラピー」と名付けられたのは1931年頃、フランス人の科学者ルネ・モーリス・ガットフォセ氏です。
しかし実は古代ローマよりその前ではないかと言われています。

彼が科学実験中に事故で火傷を負ってしまい、その時近くにあったラベンダーの精油をかけたそうです。
そうすると火傷の回復が早かったそうです。
それから彼は香りの精油効果に目覚め研究に没頭し、「アロマテラピー」と言う造語を作り名付けたのが始まりと言われています。

そのガットフォゼ氏が研究したアロマテラピーを実践したのがジャンパルネ氏です。
ジャンパルネ氏は、フランスの軍医で治療の抗生物質の使用に疑問を感じていたそうです。
その際に、ガットフォゼ氏が研究したアロマテラピーに注目しました。
彼はインドシナ戦争時1950年〜53年にトンキンに軍医として滞在した際に負傷者に芳香薬剤を用いて手当てを行いました。

そうするとみるみるうちに、成果をあげたそうです。
それからはフランスでは精油を薬として用いる研究がされていて、フランスのアロマテラピーの特徴になっています。

日本では、効果などが凄い事は実証されていますが、医療現場で使われる事はありません。
精油を直接飲んだり、塗ったりする事もないですね。
しかし医療として使われる事は無くても、癒しとしてアロマテラピーを学ぶ人が多いです。
現在の日本には、このアロマの癒しの効果が影響して人気があるのかもしれませんね。


「生活の木」

アロマはここ2、3年の間に多くの人に知られて、本格的に始める人も多くなってきました。

雑貨屋さんなどでもアロマの材料が売られてきています。
それでも一般の雑貨屋さんに販売されているのは限りがあり、本格的にアロマを楽しみたい人には少し物足りないかもしれません。

その時に、お勧めなのが、アロマテラピー環境協会認定のアロマ用品専門店の「生活の木」です。
「生活の木」とは、世界32ヶ国のパートナーファームから直輸入した精油の管理を行いながらボトルリングをしているそうです。
またサイズも豊富で1mlから1000mlまで用意しているそうです。
そしてきちんと一本一本に成分析表が入っているのも安心ですね。

そしてもちろんアロマ検定に使われる精油を多く取扱っています。
また、検定に使われる精油がセットになっている商品もあるので、
1本ずつ購入するよりはとてもお得です。
品揃えが他の雑貨屋より多く、色々なオイルが作れたり、精油をブレンドしたり出来るので購入するのがとても楽しいですね。

「生活の木」は、各地に店舗を多数展開していて、もしお店が近くに無い場合には、インターネットでも販売されているので気軽にアロマと接することができます。
生活の木が近くに無くてもアロマを取扱っている雑貨屋さんにあります。

殆どのお店が「生活の木」の商品を並べてあるので、皆さんも一度は見た事があると思います。
販売している物は、精油の他にも赤ちゃん用のマッサージオイルなども置いてあり、また、手作り化粧品のために利用なさる人も多いですよ。



アロママッサージのレシピ

アロマには、芳香浴や沐浴以外にも色々な楽しみ方があります。

例えば、1日に1回は使用するシャンプーや石鹸。
女性ならクレンジングオイルや化粧水などにも精油を混ぜて使う事が出来ます。

今回は身体をリラックスさせるマッサージオイルと軟膏を作ってみましょう。

用意する物は、植物油20mlと好みの精油4滴です。
これらを混ぜ合わせて使います。
これをマッサージしたい部分に塗ってマッサージして下さいね。

また軟膏は、ミツロウを3gと植物油を15ml、精油を3滴使います。
まず保存容器にミツロウと植物油を入れて湯煎にかけて溶かします。
完全に溶け混ざったら粗熱をとって精油1〜q3滴入れて、かき混ぜて冷まします。
少し硬いと思った場合には、植物油を多めにするとクリームが柔らかくなりますよ。
軟膏は、化粧水の後につけると水分を長時間肌に止どめてくれるので効果的です。
また、肌を柔らかくしてくれる作用もあります。

しかし使う個人の肌に合わせて作った物で、これが全ての皆さんの肌に合うわけではありません。
因みにこのレシピは精油ビンのドロッパーの1滴が0.05mlの場合なので、始めに皆さんが持っている精油の1滴が何mlかを確認して計算して下さいね。

また、植物油にもスイートアーモンドを始めオリーブ油・マカデミアナッツ油など数種類あります。
この植物油を選ぶ段階で1度パッチテストを行い、使用する人の肌に合った植物油を選ぶことが必要です。
そして植物油に対する精油の割合は1%以下を目安に行なっていますが、お年寄りや子供に行う場合には、更にもう少し濃度を下げて行うといいそうです。

このレシピを作った場合には、必ず肌に合うかパッチテストを1日か2日忘れずに行なって下さいね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。