アロマトリートメント

最近はリラクゼーション法のひとつとして、アロマを取り入れているお店が増えてきました。
病院などの待合室、雑貨店は勿論、歯医者などでも、治療にアロマを取り入れているそうです。
他にもグッズなども多く販売されていて、ぬいぐるみ、線香、マスクなど多くあります。

そして、検定の試験の中にも含まれているのが、トリートメント法です。
アロマがブレンドされたオイルを使って身体中をトリートメントするリラクゼーション法です。
自宅でのトリートメントにも範囲が限られてしまいますし、素人の私達だとどのようにマッサージをすればいいのか迷ってしまいますね。

心身共にリラックス出来る場所と空間を作っているマッサージ店、そこでもアロマを取り入れているお店が多くあります。
ラベンダーを始め幾つかの精油をブレンドしてあるキャリアオイルが何種類かあります。
その中からあなたが好きな香りでトリートメントしてくれます。

他人にマッサージして貰うと自分でマッサージするよりも、その効果を凄く実感出来ませんか。
ブレンドしたオイルの香りと皮膚を伝って伝わってくる温さを感じて
心身共にリラックス出来ます。
私も体験しましたが、ラベンダーなどをブレンドしたオイルで、足だけをマッサージして貰いました。
マッサージの間つい眠ってしまいましたが、帰る時には足が軽くなっていました。
足の炎症が少し収まった感じもして、その日は熟睡できました。

皆さんも勉強や仕事に疲れた時は、自分を元気付ける為のリラクゼーションとして一度試してみてはいかがでしょうか。
もちろん、日本ではアロマを医療行為として認めていないので、リラクゼーションを医療行為として行なっているわけではありません。
また効果も人それぞれだと思うので、その点には注意して下さいね。


アロマ効果のある加湿器

最近はアロマに興味を持つ人が増えていて、それに伴ってアロマが楽しめるグッズも増えてきました。

その中でもお勧めなのがアロマに加湿機がついたグッズです。
年齢を重ねても美しい肌になる為に、食事などを考えることも必要ですが程良い湿度も大切です。

湿度は、私達の肌を潤わせシワになりにくい肌を作っています。
アトピーになってしまった子供にも加湿器はとても効果があるそうです。
ほどよい湿度にはお肌のみならず、空気の浄化してくれるので風邪や感染症予防などにもなります。
空気が乾燥した時期に赤ちゃんが、お肌のトラブルを受けやすいと言われているのもそのせいです。

せっかく芳香方法を利用するなら、アロマがついた加湿機を購入してみてはいかがでしょうか。
最近はアロマがついた加湿器が多くあり1番有名なのはミュウスタイルの「超音波霧化アロマミスト アロマディフューザー」です。
「超音波霧化アロマミスト アロマディフューザー」は、加湿器とアロマテラピー芳香器を両方兼ねている用具です。
連続運転・30秒オン/30秒オフ繰り返しのインターバル運転の切り替えを選択することが可能です。

他にも机の上にちょこんと置ける小さいタイプの加湿器もあるそうなので過ごし易い環境を作って受験勉強に挑むのもいいですね。

寝る前などに付けて眠ると私達だけでなく、子供にも効果があるので子供の親しみやすい精油を入れて、子供部屋で利用するのもお勧めです。
加湿機で変わるのかと言う人もいますが、効果は結構大きく、夜、眠りに入りやすく熟睡できます。
皆さんも香りを楽しみながらリラックス・そして健康になってみませんか。

妊娠中のアロマテラピー

子供が居る方は、ご存知かと思いますが、妊娠中は何故か色々な事に敏感になってしまい、ストレスが溜まり易い時期ですね。

お腹の子供がきちんと育っているか、つわりがひどくて大丈夫だろうか、出産ってどのぐらい痛いのかな、など妊婦に悩みはつきものです。

その時は、是非アロマで癒されてみませんか。
妊娠中は、アロマはあまり好まないと言われています。
しかし日本アロマ環境協会のテキストで紹介している方法を正しく実践していればトラブルは起こらないと言われています。

アロマでリラックスしてみたい方は、念のためマッサージなどを受ける場合には医師の診断をあおってから受けて下さいね。
注意して頂きたいのは、精油によって強い香りや妊婦に適していない香りがあるのできちんと説明を読んで行いましょう。

また、生まれてくるお子様にアロマを使ってみたいと思う人も多いと思いますが、基本的に3才以下のお子様には芳香浴以外は避けた方がいいと言われています。

ママによっては、時にはお風呂でアロマを嗅ぎたくなる時もあります。
どうしてもお風呂で香りを楽しみたい場合は、アロマバスを使用せず、洗面器に精油をたらして芳香浴しながら楽しみましょう。

3才以上のお子様で、芳香浴以外を使用する場合は、その子の体型や体調に合わせてアロマバスの使用をオススメします。

しかし、最近は実際アロマの専門店に行くと、家庭でもマタニティ用や生後6ヵ月から使用出来るケア用品が多数販売されています。

使用した事が無いので、それが本当に身体に影響しないのかは判りませんが、成分の表示や説明を見ると販売されているキャリアオイルは、
子供や妊娠中の方に合った低刺激で作られているようです。
使用する場合は必ずパッチテストを行い、説明書もきちんと読んで使用してくださいね。

ペットにアロマテラピー

アロマが人間に効果があるのは、体験をしたことのある人ならご存じだと思います。
利用方法などを見ると、主にキャンドルや電気式芳香拡散器を使った芳香剤がポピュラーですね。

最近はアロマトリートメントも人気があります。
今では殆どのサロンがトリートメントを行なっており、家などでも家族に施す人も多いですね。

そして最近は、ペットを自分の子供のように可愛がる人も増えていますね。
その大切なペットにアロマテラピーを施す人が増えてきています。
ペット用のアロマセラピー商品も続々登場しています。
人間にテラピーを施す事と同様、自分のペットに自己責任の範囲でトリートメントを行うのは可能です。

他にも、ケアやトリミングは国家資格に属するものではないので、これにアロマテラピーを利用しても違反行為にはなりません。
しかし獣医の領域に触れてしまう診察行為を行えば獣医師法違反になります。

また、ペットは人同士と違ってコミュ二ケーションが取りにくい為、個人や飼い主のひとりよがりでアロマテラピーを施しすぎないように注意しなければなりません。
皆さんも大切なペットとのコミュ二ケーション法の一つとして、アロマテラピーを施してみてはいかがでしょうか。
ペットにセラピーを施した人によれば、最初は暴れて大変かもしれません。

しかしペットも気持ち良いとわかると、気持ち良さそうに受け入れてくれるそうですよ。
もしかしたらペットとの仲も深まるかもしれませんね。
特に犬は嗅覚が鋭いので、低濃度にすることが大切です。

精油を子供と一緒に楽しもう

私達大人でも、初心者や妊婦さんに適した香りがあるように、子供達にも勿論適した香りがあると思います。

ママにとって子供は可愛いけど、やんちゃになるにつれてストレスも溜まってしまうのが現実です。
その時にアロマを用いて親子でリラックスしてみませんか。

しかしアロマが子供に悪い影響をもたらさないか心配のママも多いはずです。
確かに子供は私達大人より精油の影響を受けやすく、抵抗力も弱い言われています。
しかし、芳香浴なら3才以下のお子様でも正しく行なって頂ければ可能と言われています。

そこで、お子様と楽しめる精油をいくつかご紹介します。
私が1番のお勧めは、「カモミールローマン」です。
ヨーロッパでは、「カモミールローマン」のことを、別名「女性と子供の精油」と有名で民間治療薬としても用いられたそうです。
香りは、リンゴを想像するようなフルーティな香りで、かんしゃくを起こした子供にも効果があると言われています。

また、「オレンジスイート」なども万人に好かれる香りとして有名です。
大人でもこの香りを好きな人は多く、リラックスさせ心を楽しくさせてくれるような効果があります。
ママがイライすると、子供にまで伝染しちゃうので、子供と共にリラックスしてみるのも良いかもしれませんね。

そして、「マンダリン」です。
マンダリンは、子供や妊婦にも優しい作用をもたらしてくれる事で有名な精油です。
効果は、オレンジスイートと同様、気分をリラックスさせ心を楽しくさせるような効果があります。
また妊娠中のママさんには妊娠線の予防やむくみを始め、セルライトの防止にもお勧めです。
まさにママとお子様だけでなく、出産を控えたママにも最適な精油ですね。

最後に芳香浴をする場合、機材などは子供の手の届かない所に置いて下さい。
また、火を使うと危険なので、アロマライトなど火を使わない機材を使うようにしましょう。

アロマライトとディフューザー

アロマが注目され始めた頃は、アロマに必要な精油をインターネット・アロマグッズ専門店でしか販売していませんでした。
また、アロマを楽しむ基材もアロマキャンドルが主流でした。
アロマキャンドルだと火を使うので気をつけないと火事になってしまう恐れもあります。
そして小さなお子さんの居る家庭でも、火を使うアロマキャンドルを使用するには難しいです。

しかし、現在はインテリ系の雑貨屋では、普通に精油を販売しています。
そして基材もアロマキャンドルを始め、色々なグッズが販売されています。
その中でも多くの人に愛用されているのがアロマライトです。

コンセントをすぐ差し込んで使える物やコード式などがあり、柄や形など種類も沢山あるので自分に合ったライトを探す事ができます。
他にも寝室や客間のムード作りとしても使ってもおしゃれですし、可愛いですね。
子供のいる家庭でも火を使わないアロマライトは安全に使えます。

またアロマディフューザーを使うのもいいですね。
アロマキャンドルやアロマライトだと芳香範囲が限られてしまいますが、ディフューザーなら広い空間でもアロマの香りを漂わせる事ができます。
そして精油を薄めなくていいので香りが長持ちするのも特徴です。

今では、病院やお店・ヘアーサロンなどで見かけた事のある人も少なくないと思います。
このように火を使わないので安心な商品が沢山あります。

それでもキャンドルが良いと言う方もいらっしゃいますし、使う器材は人それぞれだと思います。
みなさんの生活に合った素敵な器材を見つけて、楽しいアロマライフを送って下さいね。

妊娠中のアロマライフ

アロマを妊娠中にも楽しみたい人は多いはずです。
しかし、妊娠中はお腹の中で赤ちゃんが成長している途中ですので、精油の影響を受けやすい時期でもあります。
そこで妊娠中も楽しめる精油をいくつか紹介しましょう。

妊娠中にお勧めの精油にはまずグレープフルーツ・オレンジスイート・ネロリ・マンダリンがります。

この種類のミカン科には、落ち込み気味な心を明るくしてくれる作用があります。他にもマンダリンには妊娠線の予防もあります。

ティートリーの香りには、微かに甘く清々しい香りがします。
妊婦さんは、風邪をひいても咳を痛めても市販の薬が飲めません。
ティートリーは、気管支系全般に効くので芳香浴で喉をスッキリさせる作用があります。

まずマッサージですが、妊娠初期には精油を使うのは避けて、キャリアオイルのみを使うのが良いと言われています。
また妊娠中期から後期にかけても、希釈率は通常よりも低濃度の0.5%〜1%濃度で行った方が良いでしょう。

最近はアロマ出産というのを実施している病院もあり、陣痛の強さや弱さの段階ごとに精油を使い分けて行うようです。
例えば陣痛が弱い場合には、
子宮収縮作用を持ったジャスミンやクローブ、ゼラニュウムなどを使用し、強い時には、鎮静作用を持つクラリセージやジュニパーなどをブレンドしたオイルでマッサージをするそうです。
出産後にも精油を使い、出産を優しくサポートしてくれるのです。
これで不安の出産も楽しくなりそうですね。

アロマ出産をしたママ達からは大好評だそうで、私も出産する場合は体験してみたいですね。
楽しい妊婦ライフを送ってみてはいかがでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。