プラクティショナーになるための資格1

「プラクティショナー」は、その状況に最も合ったレメディを選ぶのをサポートをしてくれる、フラワーレメディのスペシャリストです。

日常生活でレメディを使っている人の中には、自分の健康のためだけでなく、家族やその他の人のために役立てたいとプラクティショナーを目指している人も多いのではないでしょうか。

このプラクティショナーになるには、国際登録されている資格を取得するわけですが、そのためには国際教育プログラムのレベル1からレベル3までを修了する必要があります。

レベル1を修了するためには、通常2日間の通学をする必要があります。
しかし忙しくてなかなか都合が合わせられないという人には、このレベル1のみ通信教育で受講することもできます。

レベル1では、フラワーレメディについての全体像を把握することが目的とされています。
バッチ博士の哲学についてのほか、レメディの概要や基本的な使用方法、レスキューレメディやレスキュークリームの概要、自分自身だけでなく自分の身の回りの人々や植物・動物に対して、実際にどのように使うのか、といったレメディに関する基本的な事柄を学んでいきます。
またトリートメントボトルの作成といった実習があります。

このレベル1を修了した後、レベル2へと進むことができますが、申し込みは、レベル1の申し込みと同時に行うことも出来ます。
レベル2ではレメディについての知識をさらに深め、日常生活の中で上手に活用できるようにします。

興味がある人は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。