プラクティショナーとは

「バッチフラワーレメディ」は、心と体の健康を取り戻すために、薬ではなく自然の力で治してくれる最近日本でも話題になっている自然療法です。

レメディには、レスキューレメディも含めると39種類あり、私達の様々な感情に的確に対応することができるようになっています。

しかしレメディを使ってみたくてもどれが今の自分に一番適しているのか分からない人も多いのではないでしょうか。
そんな時に相談に乗ってくれるのが「プラクティショナー」です。

プラクティショナーには「実践家」という意味があり、カウンセラーとは性格が異なります。
ですからクライアントの感情を深く掘り下げて聞いてくる事はなく、あくまでもレメディを選択する時のサポーターとして働いてくれます。

プラクティショナーは、クライアントと話をすることによってクライアント自身が適切なレメディを使うことができるよう、道具や機械に頼らずに手助けします。

このプラクティショナーになるには、イギリスのバッチセンター内にあるDr.E.Bach財団に国際登録をする必要があります。

そのためにはまず、必要な過程を修了することが必須条件です。
レベル1から3まである教育コースを全て修了した後、Dr.E.Bach財団に国際登録の申請すると、「バッチ博士の哲学に基づいて活動を行うこと」を改めて確認されて初めて公認プラクティショナーとして認められます。

現在、世界の40カ国以上の国で、公認プラクティショナーが活躍しています。

日本に於いては、バッチホリスティック研究会のみ試験開催を認められていて、東京をはじめ全国で教育コースが開催されています。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。