フラワーレメディができるまで

「バッチフラワーレメディ」は、薬を使わずに心と体のバランスを整えて、免疫力を高める自然療法である。

これを開発したバッチ医師は、かつてワクチンの開発をして大きな成果をあげましたが、31歳の時、命にかかわる病気になり余命3ヶ月と宣告されます。
しかし、バッチ氏は医学への熱意は捨てず、残された3ヶ月間、自分の体が病気であることも忘れて研究に没頭します。

ところが研究を続けるうちに、バッチ氏は逆に体が強まっていくのを感じ、3ヶ月後にはすっかり病気を克服していました。
この貴重な経験から、薬ではなく、気持ちの持ち方で困難は克服することができる、と改めて気づくことになります。

32歳の時、「毒をもって毒を制す」という治療法である「ホメオパシー」に出会い、感銘を受けてホメオパシー医学に転身します。
病原菌などが病気の原因ではなく患者さんの心の中にある、と考えるようになりますが、次第にホメオパシーは自分が考える治療法としては不充分であると感じるようになります。

そこで以前から興味のあった野生の植物のエネルギーこそ人間が自然に健康状態を回復していく手助けをしてくれるのではないか、と考えるようになり、41歳の時、インパチェンス、ミムラス、クレマチスのレメディを発見します。

その後バッチ氏は、ロンドンでの地位や名誉を全て捨て、レメディ開発のためにウェルズに旅立ち、太陽の光を十分に浴びた植物の露に花の力が凝縮されていることを発見します。
その方法は「サンメソッド法」と呼ばれ、清流の水の張ったガラスボールの中に花を浮かべて、数時間太陽の光にあてる方法です。

現在のフラワーレメディは、博士の自然界への情熱と、人々を救いたいという熱い想いがあったからこそ出来上がったと言えます。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。