エドワード・バッチ博士

バッチフラワーレメディは、英国人医師エドワード・バッチ博士によって開発された、心と体のバランスを取り戻すための自然療法です。

バッチ博士が作り出したレメディは、70年以上たった現在では60ヶ国以上の国々で医師や獣医の間で使用されています。

ところでエドワード・バッチ博士はどんな経緯でこのレメディの開発に至ったのでしょうか。

バッチ氏は、子供の頃、体が弱く病気がちだったものの、バイタリティー溢れたいたずら好きな面も持ち合わせた直感力に優れた少年でした。

16歳の少年時代、学校を卒業したバッチ氏は医学に目覚め医学の道に進むことを考えましたが、バッチ氏の家は経済的に余裕がありませんんでした。
そこで自分で学費を稼ぐために、父親が経営する鋳物工場で3年間働きました。
この3年間の間にも、バッチ氏は少年時代から変わることのない自然界への興味を持ち続け、昼間は自然の中での散歩、夜に働くという生活を送りました。

また、失業や医療費の負担を恐れ、病気になっても休まずに働き続ける工場の人達の現実を目の当たりにし、医者になってこのような人達を救いたい、と強く思うようになります。

20歳になったバッチ氏は、バーミンガム大学に入学して医学を学び、その後、ロンドンに移って病院の研究生となって外科医、内科医、医学士、理学士の学位と開業医の免許を取得、28歳の時にロンドンに診療所を設けます。

診療所で多くの患者を診るうちに、あることに気がつきます。
同じ治療薬が同じ病気に常に効くとは限らず、効き方にも個人差があること、同じような性格の人には同じ薬が効き、違う性格の人では同じ薬では効果がない場合もあることを知ったのです。

一方、ユニバーシティカレッジ病院の細菌学者となったバッチ氏は、免疫学を学びます。
そしてワクチンの開発をして予想を超える成果をあげて活躍します。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。