バッチフラワーレメディとは

「バッチフラワーレメディ」をご存知でしょうか。

このバッチフラワーレメディは、最近日本でも密かにブームを呼んでいますが、英国人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって1930年代に開発された自然療法です。

もともとワクチンの開発などで活躍していたバッチ氏ですが、ワクチンや投薬の接種などの表面的な治療で病気を治すことに疑問を感じるようになり、免疫学を学びました。
そして私達の体が本来もっている免疫力を引き出すことが大切だと
考えるようになります。

そこで、本来の治療とは私達の心の奥底にある心の乱れを取り除き、体に起きている不調和を直すことであるという結論に達し、「バッチフラワーレメディ」を作り出しました。

「レメディ」という言葉は、直訳すると「治療薬」という意味です。他にも「救済策」「解決方法」といった意味があり、英国人の感覚ではこちらの方が強く、「元に戻す」というニュアンスで多く使われているそうです。

バッチフラワーレメディは、日本ではまだ馴染み深くありませんが、全世界60ヶ国以上の国々で医師や獣医などの間で広く使われています。
イギリスではドラッグストアや空港などに日常的に置かれていて、イギリス人の生活にしっかりと密着したものになっています。

薬の力に頼らず野生の花や草木がもつ本質的なエネルギーで心と体を癒すバッチフラワーレメディは、日本でもこれから広く浸透していくことでしょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。