アロマの精油効果

香りは、私達の日常の生活をする時にかかす事のない大切な感覚です。
良い香りだと心地よい気分になり、逆に臭いと元気が無くなったりまるで香りだけで人の心を動かしているようです。
その匂いを利用して心を癒す事ができるのがアロマテラピーです。

そしてアロマは、香りだけではなく湿布に使ったり、入浴剤にしたりといろいろな方法で利用出来ます。
それによって益々効果がある事は皆さんご存知のことと思います。

例えば、肩凝りなどには肩凝りに効く精油を湿布にして肩に置くと肩が楽になったりします。
また、足が疲れている時には精油をお湯に数滴垂らし足浴をしたり、精油を加えたオイルでマッサージすると足が軽くなった気分になります。
そして、こういった精油の中でよく使われているのが、ラベンダーなどに含まれる酢酸リナリルの鎮痛作用でしょうか。
酢酸リナリルは、鎮痛作用の他にも鎮静作用にも用いられているそうです。

他にもレモンなどに含まれるシトラールは、消毒殺菌作用があります。
他にも心や体の活動を刺激して、高める刺激作用や心身の各部や全体の働きを活性化して、強化する強壮作用もあります。
尿の排泄を促進する利尿作用など精油によって多くの作用がある事がわかっています。

このようにアロマテラピーでは、1つの精油中にも色々な作用が混ざっていてこれが合わさり色々な効果を産み出しています。
この効果や用法を利用して外国では医療として用いられている所も多くあります。
日本で人気があるのも、その効果が実証されているからかもしれませんね。
まだ体験した事のない方は一度体験してみてはいかがでしょうか。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。