アロマ精油の作用

アロマ検定の勉強には、もちろん全てアロマに関係した事なのですが、ただ単に使い方を説明するだけではありません。
アロマの精油1つ1つに、どのような効果があるのかは勿論、その効果がどのように伝わっていくのかも試験問題になっています。

アロマを愛用している人はご存知だと思いますが、アロマは香りを楽しむ事以外にも色々な使い方があります。

例えば、精油とキャリアオイルを混ぜ合わせればマッサージオイルになり、肌から効果を取り込む事も可能です。
他にも、温タオルなどに精油を数滴垂らし、痛い所などに当てる方法などやシャンプーや石鹸を作る事も出来ます。

また、レモンやグレープフルーツなどの精油を使い、台所やゴミ箱の消臭・殺菌作用などに使用する事が出来ます。
台所用洗剤や生ごみ消臭剤にグレープフルーツなどの香りがあるのはそのせいかもしれませんね。

日本では危険を伴う恐れがあると言うことで、アロマを飲用することはないそうですが、外国では薬としてアロマを飲用するようです。
しかし、日本は精油を飲む事は無くても、レモンを絞っただけのレモンウォーターのような微かに香りと味がする水が売られています。
これも、結構リラックス効果もあって、その上美味しいですね。
飲み物の話は別ですが、アロマを使ったリラックス方法は紹介した方法以外にも沢山あります。

これから益々人気が出そうなアロマです。
皆さんも1度試してみてはいかがでしょうか。
また、試験を受験される方も勉強をしながら色々な方法を試してみてくださいね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。