ペットにアロマテラピー

アロマが人間に効果があるのは、体験をしたことのある人ならご存じだと思います。
利用方法などを見ると、主にキャンドルや電気式芳香拡散器を使った芳香剤がポピュラーですね。

最近はアロマトリートメントも人気があります。
今では殆どのサロンがトリートメントを行なっており、家などでも家族に施す人も多いですね。

そして最近は、ペットを自分の子供のように可愛がる人も増えていますね。
その大切なペットにアロマテラピーを施す人が増えてきています。
ペット用のアロマセラピー商品も続々登場しています。
人間にテラピーを施す事と同様、自分のペットに自己責任の範囲でトリートメントを行うのは可能です。

他にも、ケアやトリミングは国家資格に属するものではないので、これにアロマテラピーを利用しても違反行為にはなりません。
しかし獣医の領域に触れてしまう診察行為を行えば獣医師法違反になります。

また、ペットは人同士と違ってコミュ二ケーションが取りにくい為、個人や飼い主のひとりよがりでアロマテラピーを施しすぎないように注意しなければなりません。
皆さんも大切なペットとのコミュ二ケーション法の一つとして、アロマテラピーを施してみてはいかがでしょうか。
ペットにセラピーを施した人によれば、最初は暴れて大変かもしれません。

しかしペットも気持ち良いとわかると、気持ち良さそうに受け入れてくれるそうですよ。
もしかしたらペットとの仲も深まるかもしれませんね。
特に犬は嗅覚が鋭いので、低濃度にすることが大切です。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。