妊娠中のアロマテラピー

子供が居る方は、ご存知かと思いますが、妊娠中は何故か色々な事に敏感になってしまい、ストレスが溜まり易い時期ですね。

お腹の子供がきちんと育っているか、つわりがひどくて大丈夫だろうか、出産ってどのぐらい痛いのかな、など妊婦に悩みはつきものです。

その時は、是非アロマで癒されてみませんか。
妊娠中は、アロマはあまり好まないと言われています。
しかし日本アロマ環境協会のテキストで紹介している方法を正しく実践していればトラブルは起こらないと言われています。

アロマでリラックスしてみたい方は、念のためマッサージなどを受ける場合には医師の診断をあおってから受けて下さいね。
注意して頂きたいのは、精油によって強い香りや妊婦に適していない香りがあるのできちんと説明を読んで行いましょう。

また、生まれてくるお子様にアロマを使ってみたいと思う人も多いと思いますが、基本的に3才以下のお子様には芳香浴以外は避けた方がいいと言われています。

ママによっては、時にはお風呂でアロマを嗅ぎたくなる時もあります。
どうしてもお風呂で香りを楽しみたい場合は、アロマバスを使用せず、洗面器に精油をたらして芳香浴しながら楽しみましょう。

3才以上のお子様で、芳香浴以外を使用する場合は、その子の体型や体調に合わせてアロマバスの使用をオススメします。

しかし、最近は実際アロマの専門店に行くと、家庭でもマタニティ用や生後6ヵ月から使用出来るケア用品が多数販売されています。

使用した事が無いので、それが本当に身体に影響しないのかは判りませんが、成分の表示や説明を見ると販売されているキャリアオイルは、
子供や妊娠中の方に合った低刺激で作られているようです。
使用する場合は必ずパッチテストを行い、説明書もきちんと読んで使用してくださいね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。