アロマの歴史

日本で人気のあるアロマテラピーですが、「アロマテラピー」と名付けられたのは1931年頃、フランス人の科学者ルネ・モーリス・ガットフォセ氏です。
しかし実は古代ローマよりその前ではないかと言われています。

彼が科学実験中に事故で火傷を負ってしまい、その時近くにあったラベンダーの精油をかけたそうです。
そうすると火傷の回復が早かったそうです。
それから彼は香りの精油効果に目覚め研究に没頭し、「アロマテラピー」と言う造語を作り名付けたのが始まりと言われています。

そのガットフォゼ氏が研究したアロマテラピーを実践したのがジャンパルネ氏です。
ジャンパルネ氏は、フランスの軍医で治療の抗生物質の使用に疑問を感じていたそうです。
その際に、ガットフォゼ氏が研究したアロマテラピーに注目しました。
彼はインドシナ戦争時1950年〜53年にトンキンに軍医として滞在した際に負傷者に芳香薬剤を用いて手当てを行いました。

そうするとみるみるうちに、成果をあげたそうです。
それからはフランスでは精油を薬として用いる研究がされていて、フランスのアロマテラピーの特徴になっています。

日本では、効果などが凄い事は実証されていますが、医療現場で使われる事はありません。
精油を直接飲んだり、塗ったりする事もないですね。
しかし医療として使われる事は無くても、癒しとしてアロマテラピーを学ぶ人が多いです。
現在の日本には、このアロマの癒しの効果が影響して人気があるのかもしれませんね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。