アロマ検定の香りテスト

アロマ検定では、多くの分野からの問題が出題されます。

アロマの検定で多くの受験者が悩むのが精油の嗅ぎわけです。
香りの試験は、検定では問しか出題されませんが、これからアロマを仕事としたい人には大切な分野です。

アロマを長く愛用している人は、殆どが自分の好みのアロマがあると思います。
好みのアロマが検定に出題されると嬉しいのですが、試験に指定されている精油は、2級で10種類。
1級は2級の精油プラス10種類、計20種類の精油の匂いとプロフィールを勉強しなければなりません。

中でも20種類の精油の中に、匂いがそっくりの精油があるので、その嗅ぎ分けが難しいと言われています。
私も芳香浴やアロマバスで試したりしました。

1番覚えやすいと言われる方法は、
科名ごとに紙に匂いを染み込ませ覚えると言う方法です。
科名ごとに匂いを嗅ぎ分ける事によって、そっくりの匂いの微かな違いも判ってきます。

私が1番難しいと思ったのは、グレープフルーツとスイートオレンジです。
どちらも果皮を圧搾して精油を取り出すので、微かな匂いから嗅ぎわけ無ければいけません。
少し時間を置いて嗅ぐと香りが違うので試してみて下さいね。
他にも、精油プロフィールに「使いすぎに注意」と表記されているのは、紙に染み込ませて匂いを嗅ぐといいですね。

試験まで時間がある人は、1本1本効果を楽しみながら匂いのプロフィール、作用などを試すのもアロマが好きな人には楽しいです。

もしかしたら試験に出題される精油で、新たに自分に合いそうな精油が見つかるかもしれませんよ。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。