アロマ試験当日

アロマ試験を受験するのが始めての人も多いはずです。
私の体験ですが試験がどのような感じだったか説明しますね。

私は1級を受験しましたが、受験する県でも200人前後いました。
他の県で受験した人達に聞いてみると他の県も多かったそうです。

匂いテストの出題は、2問で制限時間は10分。
筆記試験は、1時間で計70分です。2級は60分です。
ところでアロマ検定には、
過去問題が無いのを不思議に思った人も少なくないと思います。
試験問題や匂いテストに配られた精油は、著作権法で保護されている為
、持ち帰り禁止です。

他にも精油の持込禁止で、試験中は外に出ると棄権扱いになることや1問でも空白だと採点されないなど、マナーも結構厳しかったです。
しかし場所によっては、試験官が煩かったり、遅刻が多かったり、精油などを持ち込んだりマナー違反があった会場もあったそうです。

年代が幅広く、男性の受験者がいたのもビックリしました。
アロマが皆さんに受け入れられている証拠ですね。

また受験表には、持参する物として筆記用具と書かれています。
筆記用具以外にも受験される皆さんに他にも持って行って良かったと思った物を紹介します。

まずは問題集か検定テキストです。
1冊にしたい人は、問題集がいいかもしれません。
1問1答式や暗記シートが付いている問題集だと筆記用具を出さなくても試験会場が
開場する待ち時間にも勉強できました。
試験直前に問題集で勉強した所が出題されていたりしたので役に立ちました。

そして腕時計です。
受験会場には、時計を置いてない所もあります。
私が受験した会場もありませんでした。
その為自分の時計を見ながら確かめる時間も考えて試験に集中出来ました。
時間配分、マナー違反に気をつけてバッチリ準備をして、後悔が残らないようにアロマ試験を受けて下さいね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。