妊娠中のアロマライフ

アロマを妊娠中にも楽しみたい人は多いはずです。
しかし、妊娠中はお腹の中で赤ちゃんが成長している途中ですので、精油の影響を受けやすい時期でもあります。
そこで妊娠中も楽しめる精油をいくつか紹介しましょう。

妊娠中にお勧めの精油にはまずグレープフルーツ・オレンジスイート・ネロリ・マンダリンがります。

この種類のミカン科には、落ち込み気味な心を明るくしてくれる作用があります。他にもマンダリンには妊娠線の予防もあります。

ティートリーの香りには、微かに甘く清々しい香りがします。
妊婦さんは、風邪をひいても咳を痛めても市販の薬が飲めません。
ティートリーは、気管支系全般に効くので芳香浴で喉をスッキリさせる作用があります。

まずマッサージですが、妊娠初期には精油を使うのは避けて、キャリアオイルのみを使うのが良いと言われています。
また妊娠中期から後期にかけても、希釈率は通常よりも低濃度の0.5%〜1%濃度で行った方が良いでしょう。

最近はアロマ出産というのを実施している病院もあり、陣痛の強さや弱さの段階ごとに精油を使い分けて行うようです。
例えば陣痛が弱い場合には、
子宮収縮作用を持ったジャスミンやクローブ、ゼラニュウムなどを使用し、強い時には、鎮静作用を持つクラリセージやジュニパーなどをブレンドしたオイルでマッサージをするそうです。
出産後にも精油を使い、出産を優しくサポートしてくれるのです。
これで不安の出産も楽しくなりそうですね。

アロマ出産をしたママ達からは大好評だそうで、私も出産する場合は体験してみたいですね。
楽しい妊婦ライフを送ってみてはいかがでしょうか。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。