アロマ検定の勉強法

アロマ検定1級の試験では、著作権の関係で、問題集は持ち帰る事は出来ませんので、過去の問題集がなくどのような問題が出題されるか不安ですね。

でも実際試験を受験してみると1級と2級は合格率が90%で、自分で試験勉強をしてもかなり出来ました。

テキストを読んで暗記したり、問題集を何回も解いている人であれば合格は間違いないと思います。
ただ1級にもなると勉強する範囲も広がるので、最初のページだけを覚えても、後半が覚えられなかったと言う人もいました。
その勉強法だと、100点中80点を取得しないといけないアロマ検定で、合格をするのが難しくなるかもしれませんね。
1級の試験には、1つの単元が4・5問出題されている所もありましたので、平等に学ばないと確実に合格点を取れない可能性があります。

また、2級だけなら2級範囲の勉強だけで済みますが、1級は当然2級の範囲も同時に勉強しなければなりません。
もし、テキストで勉強するなら2級と1級両方購入しないといけなくなるので、はじめて問題集を購入する場合は1冊で勉強出来る本も沢山ありますので、こちらを購入されるといいと思います。

そして、香りテストについては、精油の匂いを覚えるのは結構苦労します。
香りテストは、人によって香りの感じ方が違いますが、私が難しかったのがミカン科とウッド系の香りの分け方が難しく感じました。

1度に沢山の香りを嗅ぐと気分が悪くなりますので、1日2〜3種類にとどめた方がいいかもしれませんよ。
また試験用の精油を購入したい方には、「生活の木」さんの精油キットを購入するのが格安で済みます。
それに加えて体調管理にも気をつけましょう。

【生活の木】和精油セット

【生活の木】花精油セット


タグ:アロマ検定

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。