アロマテラピーインストラクターとセラピストの試験

アロマアドバイザーの認定を受講したら、次に目指したいのは、アロマインストラクターやセラピストを受験することです。

インストラクターの仕事は、家庭などでアロマを楽しむ一般の人達の為に正しく指導をする事が可能な資格です。
アロマに関する必要な知識を専門家として指導出来る人です。
現在インストラクターは文化教室を始め、専門スクール、時にはボランティアとしても活動しています。

インストラクターの試験は、アロマ検定の1級試験よりとても難しいと言われています。
試験の内容も精油学各論・解剖生理学などアロマの細かい知識を習得しなければなりません。
試験は年に2回行われますが、1級検定やアドバイザー認定講座とは違って試験会場も限られてきます。
そして、試験も1次試験と2次試験が午前と午後に分かれて行われることになります。

セラピストは、一般の人にコンサルテーションやトリートメントなどアロマテラピーを施す事が出来る認定を貰う試験です。
ここではインストラクターの範囲を始め、他にもアロマセラピストを習得する為に必要な試験などがあります。
試験は年に2回ですが、インストラクターの試験とは別の月になっているのでW受験も可能です。
これは大変便利ですね。
しかし、試験会場は東京と大阪の2箇所でしか行われないので、注意しましょう。

またセラピスト試験は、この学科試験に合格するとボディトリートメント実技試験、カルテ審査などの実地試験もあります。
資格を取得するのは難しいかもしれませんが、アロマを仕事にする為に取っておきたい資格です。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。